ケアマネジャーおすすめの本
新人、駆け出しケアマネジャーさんにおすすめの本を紹介しています。
carepuran
Release: 2019/07/26 Update: 2019/07/27

ケアプランの概要

現場でこれからケアプランの作成を行われる方は、ケアマネジャー実務研修受講試験に合格され、ケアマネジャー実務研修も終えられたところでしょうが、改めて新人・駆け出しのケアマネジャーさんに、復習の意味でケアプランについて説明します。

ケアプランとは・・・

ケアプラン(居宅サービス計画)とは、ケアマネジャーが利用者の希望及び利用者についてのアセスメントの結果に基づき、利用者の家族の希望及び当該地域における指定居宅サービス等が提供される体制を勘案して、当該アセスメントにより把握された解決すべき課題に対応するための最も適切なサービスの組合せについて、検討し、利用者及びその家族の生活に対する意向、総合的な援助の方針、生活全般の解決すべき課題、提供されるサービスの目標及びその達成時期、サービスの種類、内容及び利用料並びにサービスを提供する上での留意事項等を記載したものである。

ケアプランの種類

ケアプランは大きく分けると
・「居宅サービス計画」・「施設サービス計画」・「介護予防サービス計画」の三種類があります。

居宅サービス計画

利用者が在宅でサービスを中心に受けられるよう検討されたケアプランです。要介護1~5の人が対象で、在宅で受ける訪問介護のほか、通所で受けるディサービスなどが主なサービスである。

施設サービス計画

介護保険施設、「介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)」「介護老人保健施設」「介護療養型医療施設」の3つの施設でサービスを受けられるよう検討されたケアプラン。利用者の介護度によって利用できる施設が区分されている。介護老人保健施設と介護療養型医療施設は要介護1~5の人が対象ですが、介護老人福祉施設は、原則として要介護3以上の人のみ入所できる。

介護予防サービス計画

まだ介護を必要としない健康な人が、今後介護が必要な状態にならないようサポートを受けるためのケアプランが介護予防ケアプラン。対象者は要支援1~2の人。在宅で受けられる介護予防の訪問サービスのほか、通所で受ける介護予防サービスなどがある。地域包括支援センターの保健師などが介護予防ケアプランを作る。

 

HOME